カテゴリ:四国( 71 )

琴電(ことでん)のことちゃん

高松築港(たかまつちっこう)駅から 金毘羅さんへ向かうため 琴平電鉄に乗りました。
改札の向こうに見えるのは 高松城の石垣。
お城の石垣が見える改札って すごくないですか?

高松城の周囲を通り こんぴらさん(金刀比羅宮)のある琴平へ。
子供の頃よく聞いた「♪ こんぴら ふねふね ♪」 四国にあったんだよね。
b0238886_18065311.jpg
ことでんのキャラクター “ことちゃん” オンパレード。
b0238886_18074634.jpg
大人げなく買ってしまった 一日フリー切符 ことことでんしゃごっこ(ことちゃんVer.)。
でもこの切符は 大人用 (1200円)です。

ことちゃんは イルカです。
プロフィールによりますと

2002年 ことでんの大人の事情により “ことちゃん” 誕生。
釜玉が大好物。おかげさまで お腹ぽっこり。 だそうです。
b0238886_18071091.jpg

[PR]
by ozawa45 | 2014-02-12 08:05 | 四国 | Comments(0)

みかんの国


松山のクリスマスツリーのオーナメントは みかん(本物の皮)でした。
b0238886_11312724.jpg

b0238886_11285534.jpg


丸亀のオーナメントは うちわでした。

b0238886_11350709.jpg



[PR]
by ozawa45 | 2014-02-11 08:24 | 四国 | Comments(0)

石垣ライトアップ 点灯式

丸亀城の石垣をあちこち見て歩いてると 日が暮れて来て
門が閉まりそうだったので 慌てていたら 坂の上から
ちょっと大きな人達が 走ってこられました。

b0238886_18051774.jpg

京極君 と うちっ娘。
(丸亀は うちわでも有名で 全国竹うちわ生産量の8~9割のシェアを占めています。)

どなたか存じませんでしたが 思いがけずお会いできて 嬉しかったです。
なぜこの方々がいらっしゃったかと言うと
この日はちょうど 石垣のライトアップ点灯式が 行われるところだったからです。
快く一緒に写真を撮って頂きましたが やはり急いでいらっしゃいました。
うちっ娘 走ってる。 

b0238886_18052970.jpg


丸亀の方々が 点灯式まで ご覧になっていって下さいと
黒豆茶を淹れて下さったので 少し暗くなるまで待っていました。
寒くなっていたので 美味しいお茶で温まりました。

b0238886_18054446.jpg

もう一人 大きな人が増えています。
来賓のあいさつの時に 名前を 「焼き鳥」と間違われた
とり奉行 骨付じゅうじゅう君 (クリスマスバージョン)です。
常に全力なので、汗(肉汁)をかいている そうです。
b0238886_18055592.jpg



 



[PR]
by ozawa45 | 2014-02-07 00:00 | 四国 | Comments(0)

扇の勾配

b0238886_18435139.jpg

[PR]
by ozawa45 | 2014-02-06 10:00 | 四国 | Comments(0)

石垣 いろいろ

b0238886_16470698.jpg

b0238886_16474228.jpg

b0238886_16480318.jpg

b0238886_16482865.jpg

b0238886_16485579.jpg

[PR]
by ozawa45 | 2014-02-05 09:41 | 四国 | Comments(0)

丸亀城の石垣

お城に入る門の近くにある石垣。
切込み接ぎ(きりこみはぎ)という すき間のないように加工した石を積み上げる積み方。
b0238886_18284365.jpg
石を切り出す際に 鉄の矢を打ちこんだ穴のあと。
矢穴と言うそうです。
b0238886_18281915.jpg
刻印のある石が140ヶ所あり 誰が どこから切り取った石か
分かるようにするためと考えられているそうです。

各地にある石垣の刻印は 石垣工事に携わった大名を表すもの や 石工組頭のサインなど
諸説あるようです。
b0238886_18283234.jpg


[PR]
by ozawa45 | 2014-02-04 16:41 | 四国 | Comments(0)

丸亀 (四国のつづき まだ続いています。)

うどんで有名な 香川県丸亀市では
丸亀城を見てきました。

JR丸亀駅から丸亀城へ向かうところ。
b0238886_18071502.jpg

石垣をず~っと登りました。
こちら側は 歩いてきた駅の方(北側)です。 海の向こうは岡山県かな。
b0238886_18075313.jpg
標高66mの亀山に築かれた平山城で別名亀山城。
丸亀城天守は 高さ15m。1597年から 5年がかりで築かれた
全国に現存する木造天守 12城のうちのひとつ。

石垣の名城としても有名だそうです。
b0238886_18081617.jpg
こちらは 「讃岐富士」と呼ばれている飯野山。
お城の南東にあります。
標高422m。
4月22日は讃岐富士の日です。
b0238886_18073924.jpg

[PR]
by ozawa45 | 2014-02-03 18:19 | 四国 | Comments(0)

昔の切手

友人に送る葉書の切手を探していて よいものがなかったので
別に保管してある とっておきの切手の中から探していると
「これは!」と言う切手を見つけました。
上芳我家の切手でした。

この切手を買った時は どこにある建物なのか
気にしていませんでしたが
棟の「帆」の形をした瓦で 「あっ!」と気がつきました。
b0238886_22272484.jpg

b0238886_22375051.jpg


[PR]
by ozawa45 | 2013-12-01 22:31 | 四国 | Comments(0)

上芳我家

上芳我(かみはが)家 は内子最大の製蝋業者であった本芳我家から
分家した家で 同じく木蝋生産を営んだ商家です。

住居部分と木蝋生産施設が 一体として往時のまま残っているのは
全国でも上芳我家のみだそうです。

現在は敷地全体が木蝋資料館となっていてます。

木蝋って どうやてつくるんだろう?
と思っていると 説明がありました。

まず ハゼノキの実を採ります。
11月~1月にかけて ぶどうの房状に実るようです。
b0238886_19074063.jpg
ハゼの実を種子と果肉に叩いて分離し 果肉を粉にして
b0238886_19025390.jpg
蒸しているところ。
b0238886_19033342.jpg
立木式蝋搾り機で圧力をかけて蝋をしぼっているところ。
b0238886_19053924.jpg
これを 蝋皿で固めたものを生蝋と言い 深い緑色をしていて
主に 和ろうそくの原料として使われているそうです。

生蝋を鉋で削って表面積を広くし 漂白したものを 晒(さらし)蝋または 白蝋と言うのですが
蝋を冷たい水に落として はじけて出来る細かい蝋の結晶(蝋花という)を箱に入れて 
より白くするために日光にさらす方法が考案され (伊予式箱晒し法)
蝋の精度を高め 大量生産を可能にし 明治時代 医薬品・化粧品・蝋細工などの原料や
織物の光沢剤などとして 海外に輸出されたそうです。
b0238886_19300958.jpg

b0238886_19055423.jpg

b0238886_19061823.jpg
 


[PR]
by ozawa45 | 2013-11-28 19:37 | 四国 | Comments(0)

上芳我邸 と 本芳我邸

ブログを更新していない間に すっかり寒くなってしまいましたが
皆さんお元気でしょうか?

久しぶりすぎて ログインパスワードを忘れ
更新できないのではないかと焦りました。
何でも 記録しておかなくてはいけません。

内子の続きの写真を載せたいと思います。

b0238886_23495596.jpg
b0238886_23501420.jpg
b0238886_2350255.jpg
b0238886_23503456.jpg
b0238886_23504554.jpg
b0238886_2350562.jpg
b0238886_2351834.jpg
b0238886_2351172.jpg

[PR]
by ozawa45 | 2013-11-26 23:55 | 四国 | Comments(2)

■□


by ozawa45

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
長崎
四国
東京
花フェスタ記念公園
岐阜
ポルトガル
見付
家族
父シリーズ
母シリーズ
ベランダ
生花
松井さん
お店
遠州 横須賀
清水
京都
新居
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

フォロー中のブログ

最新のコメント

こんにちは。 みどりさ..
by ozawa at 19:46
 なんか、ブログを読んで..
by 同じ青い空の下で・・・・。 at 21:34
ご無沙汰です! ふたの..
by ozawa at 23:59
相変わらず、御父さん面白..
by 源平 at 11:28
コメント ありがとうござ..
by ozawa at 16:52